FC2ブログ

Omakase-Factory's Blog

おまかせ工房のブログ 神棚 御簾 い草上敷きの専門店です

【Omakase-Factory's Blog】 天然素材の麻梨木(まりも)で置き方を楽しもう【数珠・ブライヤーなどの材料】

麻梨木と書いて「マリモ」と読む、一風変わった商品を紹介してみます。



案外と身近にありまして、お数珠として持っている方々も多いのではないでしょうか。



小さいものは数珠、少し大きくなってパイプ(ブライヤー)、さらに大きいのはこのようなものになります。



柄というか木目というか天然のモノでこのような質感の素材は少ないと思います。



麻梨木



若年層だと一体なにかわからない人もいるかと思いますが、気にする必要など全くありません。



知っている人の方が圧倒的に少ないと思います。



大体、麻梨木をマリモと読める人は何か関連した仕事などをしている人ぐらいで、マリキと読んでしまうはず。





っで、大きな根台を何に使うのか。。。という話になりますが、これが意外と難しい。



アクセサリーを置くのか、小さな小瓶を置くのか、、、と置くことばかり考えてしまうのは柔軟性に欠けています。





綺麗に見える方法のひとつに「引っ掛ける」がありますね。



お数珠を引っ掛けておくと見栄えがとても綺麗。



常時お仏壇に数珠を置いてあるなら一度試してみてください。





麻梨木の根っこ・・・二種類の大きさがあります。

https://item.rakuten.co.jp/omakase/355674/



興味のある方は是非ご覧下さい。



スポンサーサイト



  1. 2012/03/31(土) 08:42:33|
  2. Omakase-Factory's Blog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Omakase-Factory's Blog】 【神具】モダンデザインの伝統工芸士によるお札立て(細隙仕様)(神棚)【お宮】

伝統工芸士がお札入れを作ったらこうなったという作品のご紹介です。



意匠を全面に強く押し出すために「浮かぶように見える」をコンセプトにデザインした斬新なお札入れになります。



山下学さんは主に彦根仏壇などを製作している方ですが、日本でも伝統工芸士の方々は少ないですね。



置いてもよし、壁に引っ掛けてもよし、破魔矢と一緒にしておいてもよし。



ofuda_500.jpg



正面から見えて横からは見えない。



つまり歩いているときにはなんだかわからないってことです。



余り見られたくないときなどはいいのかしれませんが、見方によってはクッキリ見えるという絶妙なスリットの間隔です。





神棚やお札入れとしてみれば非常にモダンデザインなのではないでしょうか。



一見何だかわからないと思います。



動画でも御覧いただけます。





試行錯誤を繰り返して、この大きさ、この間隔に仕上げてあります。





細隙神具・・・スリット状にして御札が浮かぶように見える神棚。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidanaofuda.html





興味のある方は是非ご覧下さい。



  1. 2012/03/30(金) 08:41:11|
  2. Omakase-Factory's Blog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Omakase-Factory's Blog】 柱の色との調和を考え和室でお仏壇と神棚を祀っている部屋で合う座敷すだれ

座敷すだれの選択はその場所ごとに分かれていて趣も考えていると迷う時があります。



特に、仏間としている部屋の場合には、仏前用を使うべきか座敷すだれを使うべきか迷いますね。



さらに、神棚まであると仏前用なのか神前用なのか座敷すだれなのか・・・・という話になります。



追い打ちをかけるように柱の色という話がありまして、新築の柱と築年数の経った柱とでは色が違います。



座敷すだれ 仏前



っで、今回は新築の住宅でも築年数が経っている住宅でも合う御簾を紹介してみます。



同時に仏間でもあり神棚を祀っている部屋であるという、要するに四点同時に合わせることができる御殿すだれ。



ただし、幅が一枚あたり本間(95センチ)までとなります。





お仏壇の前に上から下まで垂れ下げておく方法はよくあることです。



そして柱が両脇にあることも多いので、柱の色との調和が大切になります。



竹の節を上から下まで一直線に揃える時には、それ用の竹を選別しなければ作れません。



ここの選別でスダレの幅が95センチ以上あると節の間隔の問題で揃えることができないわけです。



そのような竹がないってことになります。





シットリとしていて、目立たない、でも品があって竹の節も揃うというのはこれが一番手頃な御簾になります。



座敷すだれは同じように見えてもみんな違います、竹の加工の仕方、節の揃え方などなど。



こういうものは当店のような専門店に聞いてもらうのが一番だと、手前味噌になりますがそう思います。





節が揃った座敷すだれ・・・これは仏前用御簾としても使えます。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/zashiki006.html





興味のある方は是非ご覧下さい。



  1. 2012/03/29(木) 08:53:18|
  2. Omakase-Factory's Blog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ