FC2ブログ

Omakase-Factory's Blog

おまかせ工房のブログ 神棚 御簾 い草上敷きの専門店です

【Omakase-Factory's Blog】 中身を見せたくなり語りたくなる不思議な魅力の手漉きガラスの珍品棚【一台限りです】

後にも先にもこれ一個という商品を紹介してみたいと思います、たまにはこういう商品紹介も面白い。



そもそも珍品棚ってなんでしょう?という方々が読まれていれば、簡単に言うなら飾り棚。



ただ、小物用飾り棚でして、大きな花瓶などを飾るものは一般にキャビネットなどと言います。



細々したものをちまちま飾る・・・・実にアジア人的な趣味嗜好の世界です。



珍品棚



この商品の目玉というべき点がガラスです。



板ガラスなんだけど手漉きガラスでして、要するに真っ平ではないわけです。



厚みの変化があります。



なんだよ 不良品?という方はいないと思いますが、手漉きガラスの魅力は不規則性にあります。





沼津市に御用邸がありまして、今では天皇陛下は来ませんが跡地として建物などは残っています。



ちょうど学習院の海水浴場があって赤褌姿で泳ぐのが恒例となっているところですね。



そこの御用邸でも手漉きガラスを使っています。



昔はみんな手漉きガラスだったんですが、後から作ろうとすると結構高いです。





珍品棚って何を飾るのか困るようであれば、それは珍品棚を必要としていないってことです。



飾りたい、見せたい、語りたい、趣味の合う人にわかってもらいたい・・・こういう気持ちが強いと珍品棚は欲しくなります。



アルミケースなどでは味気ないので、このような花梨を使った古風な棚は愛好家の間では人気がありますね。





手漉きガラスの珍品棚

https://item.rakuten.co.jp/omakase/tinpindana/





興味のある方は是非ご覧ください。



スポンサーサイト



  1. 2012/05/31(木) 08:30:39|
  2. Omakase-Factory's Blog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Omakase-Factory's Blog】 1日と15日が多いようですが五十日(ごとうび)など節目の日がいいですね【参拝】

30日なので神棚での祀り方について書いておきます。

1日と15日が多いと思いますが、必ずしなければならないなんて言う人はまずいません。



ただ、節目の日に軽く気持ちを入れ替えたり引き締めたりすると、ダラダラ生活をしなくなりますね。





神棚の方向



  部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。



神棚の位置



  明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。



神棚を購入するときのポイント



  ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません。



扉について



普段は閉めています。一般家庭では大掃除や御札の入れ替えの時ぐらいしか開けることはありません。



しめ縄



  神聖な場所を区別する意味のしるしです。本の太い方 を向かって右にします。



お神札



  三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏神様、その後にその他の神様を奉安いたします。



神拝の作法



  お供えの前に手と口を清め、お願いごとをした後、二度お辞儀、そして二度柏手(かしわで)を打ち最後に深くお辞儀をします。これが「二拝、二拍手、一拝 [にはい、にはくしゅ、いっぱい]」と言われるものです。



神棚を取り替える時期



  神棚を取り替える時期もいろいろあり地方では毎年神棚を新しくする場合もあります。一般的には5年~10年が多いようです。古くなった神棚は、お近くの神社でお札同様焼納していただけます。汚れてきたら取り替えたほうが良いと思います。神棚は先祖代々受け継ぐというものではありません。



お供え物



  毎日ご洗米又は御飯、お水、塩をお供えし、一日、十五日にはお酒や榊木、山海の産物をお供えします。



大掃除



  一般にお正月を迎える前に神棚を大掃除し、神社から頂いた新しい御神礼を納めます。しめ縄や神幕・御簾(みす)も、新しいものと交換し、まゆ玉などをきれいに飾り付けます。一年に一回ぐらいは大掃除をしましょう。案外汚れているものですよ。





神棚の祭り方などについての「まとめ」ページ

http://www.omakase-factory.net/pdf_files/kamidana.html



神棚・神具一式のページ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfc0c3aa.html





興味のある方は是非ご覧ください。



  1. 2012/05/30(水) 06:30:01|
  2. Omakase-Factory's Blog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Omakase-Factory's Blog】 コンパクトにまとめ上げておきたいときには箱型の神棚も使いやすいです【箱宮】

一昔、いや大昔は神棚を取り替える時期として多かったのはお正月前ですが、もう30年ぐらい前からはそういうこともなくなりました。



気になったとき、思い立った時に取り替えるのがベストです。



今まで使っていた神棚はお焚き上げに出してもいいし、丁寧に壊してから処分してもかまいません。



お焚き上げに出す方がまだまだ多いかな、という気もしています。



【神具】天星箱宮2型神殿(小)吊下式(神棚)【お宮】



吊って使える神棚を一つ紹介してみたいと思います。



必ず吊る必要もありませんが、設置の都合で棚板よりも箱型の方が良いところもあります。



左右正面がガラスですので汚れませんね。





設置環境というのは各々が違うものでして、いろいろと場所の相談を店長も受けることが多いです。



マンション、和室などは余り問題にはなりませんが、天井がやけに高い工場、ホコリが舞っているところなどでは、どうしたらいい?と聞かれることがあります。



置けない、吊れない、でも祀りたい・・・・ん~難しいですね。



マンションでは梁が出ているけどどうしたらいい?裏壁に木枠がないんだけど設置できる?などが多いです。



どれも全て解決できる内容なので、心配になったら相談してみてください。





箱宮は全体にコンパクトにできています。



ですので、セトモノセットなど箱宮の中に入れるものなどは一回り小さいものを薦めています。



実際に使う場合にはそうしたほうが何かと使いやすいですね。





真面目に作る基本形の神棚・神具一式

【神具】天星箱宮2型神殿(小)吊下式(神棚)【お宮】

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06805596217918.html





興味のある方は是非ご覧ください。



  1. 2012/05/29(火) 07:30:20|
  2. Omakase-Factory's Blog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ