FC2ブログ

Omakase-Factory's Blog

おまかせ工房のブログ 神棚 御簾 い草上敷きの専門店です

【Omakase-Factory's Blog】 神棚の祭り方や参拝方法などの記述【節目の日・おまかせ工房】

神棚の方向



  部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。



神棚の位置



  明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。



神棚を購入するときのポイント



  ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません。



扉について



普段は閉めています。一般家庭では大掃除や御札の入れ替えの時ぐらいしか開けることはありません。



しめ縄



  神聖な場所を区別する意味のしるしです。本の太い方 を向かって右にします。



お神札



  三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏神様、その後にその他の神様を奉安いたします。



神拝の作法



  お供えの前に手と口を清め、お願いごとをした後、二度お辞儀、そして二度柏手(かしわで)を打ち最後に深くお辞儀をします。これが「二拝、二拍手、一拝 [にはい、にはくしゅ、いっぱい]」と言われるものです。



神棚を取り替える時期



  神棚を取り替える時期もいろいろあり地方では毎年神棚を新しくする場合もあります。一般的には5年~10年が多いようです。古くなった神棚は、お近くの神社でお札同様焼納していただけます。汚れてきたら取り替えたほうが良いと思います。神棚は先祖代々受け継ぐというものではありません。



お供え物



  毎日ご洗米又は御飯、お水、塩をお供えし、一日、十五日にはお酒や榊木、山海の産物をお供えします。



大掃除



  一般にお正月を迎える前に神棚を大掃除し、神社から頂いた新しい御神礼を納めます。しめ縄や神幕・御簾(みす)も、新しいものと交換し、まゆ玉などをきれいに飾り付けます。一年に一回ぐらいは大掃除をしましょう。案外汚れているものですよ。





神棚の祭り方などについての「まとめ」ページ

http://www.omakase-factory.net/pdf_files/kamidana.html



神棚・神具一式のページ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/





興味のある方は是非ご覧ください。



スポンサーサイト



  1. 2012/06/30(土) 08:30:43|
  2. Omakase-Factory's Blog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Omakase-Factory's Blog】 【坐禅会】毎週土曜日の朝に開催する田種寺の座禅会【三島市、沼津市、伊豆の国市】

沼津市・三島市・伊豆の国市・駿東郡清水町界隈の方向けの座禅情報です。



座禅と言っても、やってみたいがどこでやっているのかわからない、高い費用を取られそう、敷居が・・・という方々も多いのではないでしょうか。



そこで、地域情報になりますが、朝6時30分から毎週土曜日に座禅会を開催しているお寺を紹介してみます。



参加している人達は、地元の人、散歩途中の人、座禅をしたい人と、とても庶民的なお寺ですので、気軽に参加できます。



田種寺



田種寺

〒411-0804 静岡県三島市多呂193

055-977-1571



場所は地元の人ならすぐにわかると思いますが、最寄り駅は「大場」です。



梅名の交差点のところから裏道を通っていくとすぐ側ですね、梅名の交差点は三島のラーメン激戦区なので行った人も多いのではないでしょうか。



赤い矢印を付けたところが「田種寺」になります。



入り口には大きな石柱が立っていまして、そこには駐車場もあります。



densyuji_zazen.jpg



ちょうど目覚めが早くなってきている季節だと思いますので、土曜日が休みの方、職場が近所で仕事前に座禅をしたい方などおすすめです。





どのぐらい時間がかかるのか?、何時までに行ったらいいのか?、用意するものは?など始めての方は疑問も多いと思います。



時間は数十分ぐらいで一時間はかかりません、少し前に到着しているぐらいがいいでしょうし、用意するものなどありません。



でも、それでも最初は不安という方は、田種時の和尚さんに電話で聞いてみるといいです。





毎週やっているということは、雨でもします。



人数に関係なく、一人でも何人でも座禅を組みたい人がいれば待っていてくれていますが、もし、会社の社員を大勢引き連れてという経営者の方がいるならば予約をしておいてもいいかもしれませんね。



本堂でします。



ざっと見て、100人ぐらい入るのではないでしょうか。





集中できる時間ってあってもいいのではないでしょうかね、静かに集中する時間。



夏に座禅をしていて、蝉の声が消えたら本物です。



音が消える瞬間を感じたら、何かが開けるのではないでしょうかね。







自宅でも座禅をしたいなら

瞑想や座禅に最適な半畳の上敷(座禅敷き)

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/a3b1bef6.html





興味のある方は是非ご覧ください。



  1. 2012/06/29(金) 02:30:43|
  2. Omakase-Factory's Blog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Omakase-Factory's Blog】 軒下や縁の下で使うには乱れ節のヘリなし御簾がおすすめ【座敷簾・和室すだれ】

夏の日差し対策にはいろいろな商品がありますが、和室向けに限ると市中の商品はまだまだ少し足りない気もします。



和室に直射日光が入ると畳が一気に痛みますね。



それと、掛け軸などを飾っている家もあれば、麩(ふすま)に絵が描かれている家などもあります。



みんな劣化していってしまうので、和室というのは少し薄暗いぐらいがちょうどいいのかもしれません。



和室の日除け・陽射し除けにはこの座敷すだれ



日本建築から言えば、軒下というものが住宅にはありますが、近年の住宅では軒下(のきした)ってあったっけ?という場合もしばしば起こります。



「軒下」「縁の下」は何かと便利な部分ですね、蜂の巣などができたりしますが・・・・。



っで、日よけをしたいとなるとスダレを掛けることになるかと思います。



その時に使う座敷すだれを紹介してみます。





おまかせ工房では十数種類の御殿すだれを紹介していますが、今回の御簾は縁(ヘリ)がありません。



そして竹にもそれほど手を加えていない、どちらかと言えば、外向けの御簾です。



片面だけ日光が当たると思いますので、ものすごく焼けます。



焼けてもいいように作って、多少の雨ならなんとかなるという和室向けの御簾になります。





ただし、座敷すだれというのは決して安いものではありませんので、天津すだれのように雨ざらしということはできません。



あくまでも軒下・縁の下で使うためのものが、今回の「乱れ節」。



座敷すだれって同じように見えてみんな違います。





使う目的、使う場所などでわからなかったときには、気軽に店長に問い合わせてみてください。





和室の日除け・陽射し除けにはこの座敷すだれ。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/zashiki003.html





興味のある人は是非ご覧ください。



  1. 2012/06/28(木) 08:00:12|
  2. Omakase-Factory's Blog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ