FC2ブログ

Omakase-Factory's Blog

おまかせ工房のブログ 神棚 御簾 い草上敷きの専門店です

【Omakase-Factory's Blog】 神棚の扉の裏側に御簾を取り付けるための扉すだれ【大小2種類】

後からでも取り付けることのできる御簾のご紹介です。



扉の内側につけます。



付け方は至って簡単で釘などでつけるだけ。



後から御簾を取り付けたい場合には便利だと思います。



神棚の扉につける御簾



必ず必要というものはありませんが、人のものを見たりして、あーこういう使い方ってあるんだなと思うと欲しくなるときがあります。



神棚の扉は普段は閉めているものですが、何かの時、多くは1日、15日などだけ一時的に参拝するとき開けることがあるかもしれません。



そういう時にはいいかも。





あと地域によっては神棚の扉を開けっ放しという家庭もあるはずですので、その時には都合がいい。



とても綺麗に見えることでしょう。



先にも書きましたが、御簾は絶対にいるものではありません。





大きな神棚の場合、今回紹介している御簾では対応できないことがありますが、下の部分は真下まできている必要もないので、寸法については確認してみてください。



幅が足りていないとちょっと格好が悪いので、注意する点は幅でしょうかね。



扉の裏に付けます。







神棚の扉につける御簾

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b8e6cefca1.html







興味のある方は是非ご覧ください。



スポンサーサイト



  1. 2013/08/31(土) 09:00:26|
  2. Omakase-Factory's Blog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Omakase-Factory's Blog】 四方縁煉瓦節上皮出し切り房平かぎ付き【単品】

お座敷すだれの単品シリーズのご紹介です。



ついに最後の一枚となりました。



こちらのシリーズは二枚以上から作っている御簾ですが、このように稀に半端が出ます。



何枚も同時に作ると竹が一枚分だけ余ることがありますので、一枚だけ余分に作るわけです。



四方縁煉瓦節上皮出し切り房平かぎ付き【単品】



三枚、四枚ぐらい同時に製作しても一枚分は作れないので、15枚ぐらいですかね。



これも一気に作るときだけ竹数量に遊びを持たせるので一枚分出来たりします。



ですので、この御簾が気に入ってくれて一枚だけでいい場合にはチャンス。





竹は三つ節にしてあります、二つ節よりも間隔が狭い、ということは二つ節よりも若い竹。



お座敷すだれは普通に作ると二つ節の方が高い。



それだけ竹がないことと、竹の成長を待っていないと使えない。



そんなところにも価格の違いのひとつですがあります。





外国人の人が座敷すだれを買って帰ると、壁掛けにしてしまったりすることがありますが、使い方っていろいろあるなと思います。



普通は間仕切り、外との遮断ですね。





それと座敷すだれは下の部分が空いていてもかまいません。



床まで長さをもってくるのはお寺の待合室などでは多いですが、家庭で使う場合には下が空いていたほうがいいかもしれませんね。



だから、極々普通に下がり寸法172センチという日本間の寸法が昔から基準になります。







四方縁煉瓦節上皮出し切り房平かぎ付き【単品】

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/a4aabac2c9.html









興味のある方は是非ご覧ください。



  1. 2013/08/29(木) 09:00:36|
  2. Omakase-Factory's Blog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Omakase-Factory's Blog】 木札だった、思いの外大きかった御札でも安心・・・神殿ケース(壁掛け可能)

御札の祭り方って一辺倒ではなくて様々な祭り方があります。



初めての方であればネット情報を収集して調べてみるんでしょうけど、一般的なことしかわからないと思います。



紙札であれば神棚とすぐに思い浮かべるかもしれません。



木札や思いの外大きな御札だとちょっと困ってしまいますね、そんなときには神殿ケースを使います。



木札入れ、小さな神棚入れ



個人の方の場合には家の中に御札を祀るのが多いはず。



しかし、施設など不特定多数の人が訪れる場所の場合にはこっそり祀ることもあります。



時には、樹木の上の方に設置しておいたりと、場所を選びません。



万の神ですので、いろいろな神様がいてもいいんですね。





神社もいろいろありまして、むしろ、こちらの様々な神社の種類の方が個人としては気持ちが強かったりするようです。



その人、その人、一人づつ違う神様。



何のことだかわからない場合には気にする必要もありませんが、は!と思い当たるようであればその筋の神社に行ってみてもいいでしょう。





案外、そういうところで配布している御札が木札のことが多くて、祀り方に苦慮します。



そういう時には、木札をそのまま祀ってしまう。



そのための箱が神殿ケースでもあります、壁掛けとして使う場合には「吊り金具希望」を選択しておいてください。







木札入れ、小さな神棚入れ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfc0c5c2a5.html







興味のある方は是非ご覧ください。



  1. 2013/08/28(水) 09:00:09|
  2. Omakase-Factory's Blog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ