FC2ブログ

Omakase-Factory's Blog

おまかせ工房のブログ 神棚 御簾 い草上敷きの専門店です

【Omakase-Factory's Blog】 ては困る、汚れては困る、直接座るのも困るとき使うPPござ

公共性の高いところや大広間の場合、どうしても汚れや濡れに対して困るときがあります。



体育館でもそのまま座る場合に痛いので何か敷物でも敷かなければならないこともありますね。



そういうときには大変便利な敷物だと思います。



丸洗いできるので砂場で利用したり泥が付いた時にはホースの水やシャワーの水で洗い流せます。



業務用PPござ



もともとは小さな子供のごろ寝用敷物だったんですが、外でも使えていろいろな場面で使い回しができるカーペット。



ポリプロピレンの敷物にもいろいろありますが、おまかせ工房のPPござは業務用。



多くの施設で昔から使ってもらっています。





最近では在宅介護用敷物としても利用してくれる家庭も増えてきて、和室の場合にはいろいろと困ることが多い。



濡らしては困る、畳に臭いが付いてしまうと困る、キャスターで畳が傷んでしまうなどなどあるようです。



ペットのおしっこも困ると聞いたことがありますね。





何か良い対策はないかということで、絨毯でも困るし、ブルーシートのようなものは使う気はサラサラなしという場合の選択肢がPPシートになるのではないでしょうか。



無地と花柄があります。



無地の方が堅く織り上げて強い分、柔らかさが花柄よりありません。



い草上敷ござのような仕上がりにしてあります。



公民館・集会場・公会堂・福祉施設・介護施設・病院・海の家・民宿・幼稚園・保育園・キャンプ場・バンガロー・お花見などあらゆる場所で敷いて使える便利な敷物です。

よくあるブルーシートでは味気ない、もっと人の温かさのようなものを持ち合わせた敷物が必要になる時があります。

水着で座っても半ズボンで座っても痛くない、寝転がっても良いような敷物。

この敷物は上敷きの折り方で織ってますので、多少ですがクッション性、表面張力もありますので防水性(完全ではありません)があります。

おまかせ工房をご贔屓にしていただているお寺併設の幼稚園から、「子供らが寝られる敷物、砂場に敷いてもいい敷物はないか?」という要望から生まれた敷物です。



ポリプロピレンの敷物には二種類あります。



【無地】と【花柄】



【無地】・・・引目織りで固く強く織ってあるので濡れては困るようなとこでは効果的です。表面張力で水を弾いてくれますが完全防水ではないので濡れたら拭いて下さい。

        人の往来が激しい場所向きでもあります。丈夫さを求めているなら無地の方がむいているかもしれません。



【花柄】・・・無地よりも柔らかく織ってあります。外でも使うときには便利かもしれません。

       ヘリがありませんのでその部分に水がついても乾きが悪いということもなく屋内外向きです。





業務用PPござ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/a5dda5eaa5.html









興味のある方は是非ご覧ください。

スポンサーサイト



  1. 2014/02/14(金) 09:00:45|
  2. Omakase-Factory's Blog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0