FC2ブログ

Omakase-Factory's Blog

おまかせ工房のブログ 神棚 御簾 い草上敷きの専門店です

【Omakase-Factory's Blog】 御簾付きのモダンになった箱型の神棚 壁掛けタイプ

2月も今日で終わり、早いです、特に2月は毎年思う。

こちらの地域は3月の声を聞き出すと、一気に暖かくなっていく気がしている。

寒い寒いというほど寒くない地域で、静岡県は温暖です。

今、木彫り雲「桧」を無料サービスしている神棚がありますので、そのご紹介。

モダンな箱型

すだれは事前に付けてあります、御簾付きの神棚ってこと。

御簾を一枚増やすだけでパーンと明るくなったような気がするかもしれない。

それがすだれの魅力ってやつです、お座敷すだれでも、神前御簾でも同じようなことがいえる。


そして目立つんだけど目立たない・・・いや、目立たなくなるっていう方が正しいかもしれない。

神具って地味なんですよね、ひとつひとつが地味で、でも存在はわかるんだけど目立たない。

周囲に融け込んでしまう優美さがある。


箱型の神棚の場合、神具選びのコツとしては一回り小さなをものを選ぶといいでしょう。

この場合、神棚セットのような形では必要ありません。

個人個人に必要と思われるものを揃えていけばOKです。



神棚 ガラス箱宮20号三社 御簾付き(神棚)[壁掛けタイプ] モダンな箱型 【上品】外寸 高さ41cm 幅61cm 奥32cm
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana01005596217918.html



興味のある方は是非ご覧ください。
スポンサーサイト



  1. 2015/02/28(土) 14:48:24|
  2. Omakase-Factory's Blog

【Omakase-Factory's Blog】 神棚の階段前に一台大きな神鏡を置く

神鏡の置き場という話があって、いろいろ調べている人もいるようです。

決まっている話ではないので、ご自身の好きなように好きなとこへ置けばいい。

ただ、初めは扉前に置いていた神鏡も階段前に置き換えるときには、ワンサイズ、ツーサイズ大きくしてもいいと思います。

見栄えの話です。

神棚の階段前に一台大きな神鏡を置く

神棚の構造上、扉の前には大きな神鏡を置けないこともしばしばありますね。

バランス的に良い感じであれこれ紹介はしていますが、それはあくまでも業者がみたときの話。

個人差があることもしかり。


神鏡の場所を移動させようと思うこともある。

たいてい階段の前、一番手前に持ってくることが多いんですけど、少し大きな神鏡に変えたほうがいいでしょう。

ここ、真正面です。


だいたい真正面に置く神具というのは願いが強いものがきます。

金幣芯であれば、そこそこ大きくとかね。

御幣でも同じことが言える。



神棚の階段前に一台大きな神鏡を置く
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/mail-kagami-003.html



興味のある方は是非ご覧ください。
  1. 2015/02/27(金) 14:46:51|
  2. Omakase-Factory's Blog

【Omakase-Factory's Blog】 人が集まったときサッと敷ける ポリプロピレンの敷物

集会場や公民館など、人が集まって話し合いをする場所ような場所が全国にはたくさんあります。

常に綺麗にしていればいいんですけど、案外汚れていることがありますね。

そういう場所って役を決めておかないと誰も掃除をしない。

そんなときにはPPござが役立ちます。

人が集まったときサッと敷ける ポリプロピレンの敷物

憩いの場なんて呼ばれる公民館みたいなところでは、主に老人の集会場になっていることがほとんど。

こぼすんですよね、水物を。

そして畳を痛めてしまう。


そんな水対策でもポリプロピレンカーペットは役に立つ。

普段は畳んでしまっておけばいいだけ。

サッと敷けてパッとしまえると思いますよ。


おまかせ工房では現在3種類のPPござを作っています。

間取りがありますが、広いところで使うなら本間サイズなどがいいかもしれませんね。

鋲は無料で付けておきます。



人が集まったときサッと敷ける ポリプロピレンの敷物
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/a5dda5eaa5.html



興味のある方は是非ご覧ください。
  1. 2015/02/26(木) 14:45:21|
  2. Omakase-Factory's Blog
次のページ