FC2ブログ

Omakase-Factory's Blog

おまかせ工房のブログ 神棚 御簾 い草上敷きの専門店です

【Omakase-Factory's Blog】 ござのサイズを変えたい 切って小さくしたいとき使う専用の補修用ヘリテープ

買ってきた茣蓙が大きすぎたら切って短くできます。

ハサミでザクザク切って補修用ヘリテープを付けて鋲を打って出来上がり。

休みの日にでもやってみるといいでしょう。

慌てているとよくないと思う。

ござのサイズを変えたい 切って小さくしたいとき使う専用の補修用ヘリテープ

5メートルでも10メートルでも30メートルでも一本として届けています。

だから縁がつながって綺麗に貼れる、見た目も良い。

長い人だと50メートルぐらい買っていく人もいる。


両端を切り落とす、片側だけ切り落とす、など方法はいろいろ。

商品ページに動画を紹介しています、やり方です。

見てくれればすぐに使い方がわかるはず。


茣蓙を折り曲げていたりするなら切ってしまうほうがいいですね。

足に突っかかるし、鋲が抜けたら困りますよね。

部屋で作業ができるので寸法合わせも簡単です。



ござのサイズを変えたい 切って小さくしたいとき使う専用の補修用ヘリテープ
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/eab201fc44a.html



興味のある方は是非ご覧ください。
スポンサーサイト



  1. 2018/03/31(土) 10:11:17|
  2. Omakase-Factory's Blog

【Omakase-Factory's Blog】 神棚の周囲を明るくする真榊という聞き慣れない神具

真榊・・・まさかき・・・という聞き慣れない神具があります。

本殿だと大きなものが左右にドン、ドン、と置いてあることが多いですね。

神棚ではこのような小型サイズのものを使います。

プラスティック製と木製があるので、おまかせ工房では木製台軸仕様を採用しています。

木製軸、木製台の真榊 最小サイズの真榊

カラフルな神具なので劇的に明るくなる。

神棚っていうのは祭るものだから明るくしておくほうが気分もいい。

ただ、単にカラフルな神具ということだけではありません。


真榊について詳しく知ろうとすると奥が実に深い。

深いだけではなく範囲は広がる。

とても難しい神具になってしまうので、綺麗な神具を置こう、と単純なほうがいいと思う。


左右の置き方が決まっています。

これは間違えないように、画像のように配置する。

三種の神器の位置が違います。



木製軸、木製台の真榊 最小サイズの真榊
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana3401.html



興味のある方は是非ご覧ください。
  1. 2018/03/30(金) 10:09:45|
  2. Omakase-Factory's Blog

【Omakase-Factory's Blog】 箱宮16号三社 尾州桧バージョン

箱宮にはいろいろな素材で作られるものが出てきました。

おまかせ工房では尾州檜を使うタイプの良いバーション。

箱宮神殿は基本的には置くスタイルですが、壁掛け希望の場合でも対応しています。

人によってはガラスを外して板にする人もいるかな。

箱宮16号三社 尾州桧

あいにく板戸についてはこちらではやっていません。

ガラスと同じサイズのものを探してはめてくれれば出来上がります。

桧の柾目板が合う気がします。


神具を置く場合には極小サイズがいいと思う。

引き出しを使う場合でもこの16号サイズなら極小が合います。

16号というのは幅が1尺6寸相当という意味です。


御簾を別途用意しています。

神棚と同時に選んでもらえればこちらで取り付けておきます。

御簾は後からでも取り付け可能です。



神棚 三社 箱宮16号三社 尾州桧 [御簾無し 据え置きタイプ 壁掛け可能] 幅1尺6寸サイズ 【上品】
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana00205596217915.html



興味のある方は是非ご覧ください。
  1. 2018/03/29(木) 10:08:15|
  2. Omakase-Factory's Blog
次のページ