FC2ブログ

Omakase-Factory's Blog

おまかせ工房のブログ 神棚 御簾 い草上敷きの専門店です

【Omakase-Factory's Blog】 ござのピン 上敷き鋲

いろいろやってみて結局、最初のものに戻ったということが生活にはありますね。

おまかせ工房でも上敷きの鋲の色であれこれ試行錯誤をしてきました。

緑色のヘリには類似色のピンがいいだろうと思ってもダメ。

紺色のヘリには・・・・これもダメ。

ござのピン 上敷き鋲

透明のピンならどれにでも合うだろう、、、、一番ダメなパターンでしたね。

まず透明の上敷き鋲ではピカピカ光る、さらに、和室でキラキラは変。

隠れるつもりが一番目立ってしまう失敗例が透明の上敷き鋲でした。


っで、あれこれ試した結果・・・アイボリー色が一番馴染む。

どんなヘリにも馴染んでしまう。

そのため現在ではこの一色のみになりました。


おまかせ工房のゴザには無料で付けておきますので購入不要です。

ただ、補修用ヘリテープを使いたいけど鋲がない人向けの商品かな。

ヘリテープを使うときには上敷き鋲は必需品です。


ござのピン 上敷き鋲
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/goza-pin.html




興味のある方は是非ご覧ください。
スポンサーサイト



  1. 2018/06/30(土) 09:52:31|
  2. Omakase-Factory's Blog

【Omakase-Factory's Blog】 金幣芯と神鏡を一緒に置いてみよう

あれこれ知ってくるとやってみたくなる置き方というものがある。

金幣芯の手前に神鏡を置く。

神社などの拝殿を見渡すと八足台の上にあったりするかな。

神鏡が手前、後ろ側に金幣芯という置き方です。

金幣芯と神鏡 日本製神具

商品ページには適応、不適応の記載をしてあります。

大きさの組み合わせでバランスの悪いものもありますので、それがわかりやすいようにしてあります。

神鏡の種類別ですね。


神鏡、雲水彫神鏡、竜彫神鏡、上彫神鏡。

それぞれの神鏡の大きさに合わせた金幣芯を表示しています。

さらに大きなものも用意をしていますが神棚の場合にはこれらの中のサイズで十分だと思います。


形から入るのもいいでしょうし、見聞が広がったときにやってみるのもいいでしょう。

一度、こういう置き方をしてみたかった人はとても多いです。

何かの機会に揃えてみてはいかがでしょうか。


金幣芯と神鏡 日本製神具
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/eb2e6bab2fc.html



興味のある方は是非ご覧ください。
  1. 2018/06/29(金) 09:51:05|
  2. Omakase-Factory's Blog

【Omakase-Factory's Blog】 特上御霊舎 尾州桧 大型サイズの祭り例

御霊舎の中でも大型サイズの御霊舎に神具を置いたときの参考例です。

周囲にどの程度の空きがあるかでも決まりますが、フルセットのものがありますのでそれを使ってみました。

御霊舎の場合には普段は神具を置かないで祭事のときだけ使うということもあります。

神鏡だけを置くならば3寸、4寸でもいいかもしれない。

御霊舎

御霊舎は小型、中型、大型とあります。

今回は大型サイズなので神鏡2寸サイズで神具類をまとめてみたので、サイズの感覚が伝わりやすいと思います。

神具がもう一回り大きなものがいいとき、小さなものがいいときの参考になるのではないでしょうか。


小型サイズと大型サイズでは大きさにかなりの差があります。

この差は全体の容量の違いでもあるので、大型はそれなりに大きなもになります。

霊璽などたたくさんあるときにはよく使われる大きさです。


今回使った国産神具
竜彫神鏡2寸 高さ約12.3cm
真榊 丸台 豆:木製木軸台仕様 高さ32cm
かがり火高さ約7.5cm
セトモノセット(小)皿2枚(2寸)、水玉1個(1.5寸)、平子1対(2.5寸)、榊立1対(3.5寸)
豆八足台7寸


特上御霊舎 尾州桧 大型サイズ
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/saidan003.html

竜彫神鏡2寸と神具一式セット 国産神具
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana-micro-008.html



興味のある方は是非ご覧ください。
  1. 2018/06/28(木) 09:48:55|
  2. Omakase-Factory's Blog
次のページ