fc2ブログ

おまかせ工房ブログ

おまかせ工房のブログ 神棚 御簾 い草上敷きの専門店です

おまかせ工房ブログ 理想的な金幣芯の高さ大きさについて

神棚に祭る神具の中で神鏡と金幣芯がありますが、神鏡はわかりやすいと思います。



金幣芯はどうかと言えば、なんだかわからん、という方も少なからずいるようですね。



そもそも読み方はなんだ?という話から入るのであれば「きんぺいしん」と読みます。



大きい必要はありませんが理想的な大きさって一体どのぐらいなのか、、、今日の店長ブログの内容です。



金幣芯(きんぺいしん)



これが一言ではいえないところがありまして、要するに祀り方がみんな違うってところ。



しかし、置く場所は限られているわけです。



扉の前、階段の前・・・・どちらかでしょう。





扉の前であれば神鏡が置いてあることがあります、その時には少し大きめの金幣芯を階段前に置くとバランス良し。



17センチぐらいの金幣芯かなってところですね。





いやいや、神鏡はないんだよ、、、というのであれば、扉の大きさを限度としてバランス良く置く。



その時には10.5センチの一番小さなものでもいい。





そうじゃない、私は神鏡と金幣芯を扉の前に置きたいんだ、、、という場合にはまずは空間があるかないかをチェック。



5センチぐらい空間がないと重ねて置けません。



横に並べるのではなくて前後に重ねる。





なかなか理想的な高さって難しいですね、小さいもので十分です。



家庭用神棚であれば10センチ~17センチぐらいで判断するといいでしょう。





金幣芯(きんぺいしん)

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b6e2fbabce2.html







興味のある方は是非ご覧ください。



  1. 2013/04/24(水) 08:00:52|
  2. Omakase-Factory's Blog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おまかせ工房ブログ 田種寺・・・三島市、沼津市、伊豆の国市の情報 【坐禅】

少し暖かくなって朝の目覚めが早くなってきた方々も多いと思います。



静岡県三島市、沼津市、伊豆の国市あたりにお住まいの方で土曜日の早朝に坐禅をしてみたいと考えている方向けの情報です。



なかなか坐禅会を開催しているお寺はありませんので、この機会に行ってみるといいでしょう。



宗派、年齢、性別など全く関係ないので近所の散歩中の人が気軽に立ち寄るような坐禅です。



静岡県三島市多呂193

田種寺

住所: 〒411-0804 静岡県三島市多呂193

電話:055-977-1571





朝6時30分から始まりますので電車で行くには難しいはずです。



自動車などで行く場合にはお寺の駐車場に駐めることができますので、その辺は気にしないくていいと思います。



時間途中から入ると他の方々の気をそらしてしまうので開始時刻前までには到着していないと失礼ですね。



少し前に到着しているぐらいがいいと思います。



和尚さんも個別に準備をしねかればなりません。





大きな本堂で坐禅を組むことになります。



一人でも開催。



つまり、坐禅をしたい、してみたいと思っている人のために開いています。



坐禅



敷地の広大なお寺ですが、入り口は大変わかりやすいはずなので迷うことはありません。



石柱があってお地蔵さんがいて砂利の駐車場があるところがそうです。



そこから両脇にある大木並木をくぐり抜けると本堂まで数十メートルで到着します。





初めて坐禅を組む人は知らないお寺に行くのも不安かもしれませんが、電話で聞いてみるといいでしょう。



気軽に答えてくれます。





おまかせ工房

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/









興味のある方は是非ご覧ください。



  1. 2013/04/23(火) 07:30:21|
  2. Omakase-Factory's Blog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おまかせ工房ブログ 角を切り落とす、一直線に切る、とても便利な自由に切れる上敷きござ

その場で上敷き茣蓙を切れたらなーと考えている人も多いはずです。



ホームセンターで買ってきたけど大きかった、柱があるから毎回小さい茣蓙を敷いていたなどいろいろですね。



せっかくの和室なのに茣蓙が敷けないなんてことはもうなくなります。



フリーカットの上敷きござのご紹介。



自分で切れる上敷きござ



一番多いのが角を切り取ってしまいたいってことだと思います。



直角に切れます。



切った場所には必ずヘリを付けてください、ヘリは別売になります。





どうして家の上敷きはめくり上がっているんだ、、、と思いつつも、まぁそれでもいいかとなってズルズル。



これでは見栄えが悪いというか、みっともない。



四角い部屋には四角く敷きたいもんです。





裏張り加工を加えてあるので一般的な上敷きのように切ってもボロボロとい草がほつれてはきません。



だから切れるわけ。



一辺だけ一直線にも切れますよ。





ヘリは必要な長さだけ別途お買い求めください、1メートル単位で販売しています。





自分で切れる上敷きござ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/a4a4c1f0be.html









興味のある方は是非ご覧ください。



  1. 2013/04/22(月) 07:30:53|
  2. Omakase-Factory's Blog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おまかせ工房ブログ 漢になるのか男のままなのか武を好み戦を嫌う龍の漢花瓶【宜興】

日曜日なのでほのぼのグッズのご紹介でもしてみたいと思います。



ほのぼのっていう感じでもないんでしょうけれども、漢花瓶でしょうか。



漢と書いて「おとこ」と読みます。



勇ましくたくましく勇敢な男のことを「漢」と言います。



龍の花瓶



龍の花瓶



とかく漢ってもんは力強いものに興味をひかれることが多いわけですが、引かれるのではなくて引き付けるのが漢の中の漢。



惹き付けるためには手段を選ばないなんて格好の良いことを言うと大火傷をしてしまうので、選別できないとダメ。



やることなす事上手くいくヤツっていうのが世の中にはいまして、引きが強いわけです。



何故かわからないけど上手くいく、どういうわけだか結果オーライという凄腕の漢。





龍なんか架空の生き物なんだけど人気があります、漢向け。





これは焼き物の花瓶ですが宜興の製品。



おそらく日本にはそれほど数はないと思うので、面白いかもしれません。



重さは約5キロ弱あります。





花瓶と台座がセットで両方共焼き物。







龍の花瓶

https://item.rakuten.co.jp/omakase/ryu_gikou_kabin01/









興味のある方は是非ご覧ください。



  1. 2013/04/21(日) 09:00:37|
  2. Omakase-Factory's Blog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おまかせ工房ブログ 現代の住環境に合ったコンパクトサイズの御霊舎

御霊だけを入れておきたい方向けの店長ブログです。



祭壇ではなく御霊舎と言いますが、これ以上簡素にすることはできないでしょう。



一般的な祭壇というものは祭具を乗せますが、それら祭具を使わないで祀る場合に使います。



最近ではこのような大きさのものの方がよく使われている模様。



御霊舎



昔は大きな祭壇もよく出ましたが、住宅事情というよりか家族構成が変わってきましたので、コンパクトサイズの祭壇が多いです。





御霊舎ってものは他に用途がないのか?という話をすれば、そんなことはありません。



神棚代わりとしては使いませんが、奥行きがあるので大黒様、石、恵比寿様などを入れるときにも使います。



ただし、圧倒的数としては御霊舎は御霊を入れるもの。





特上御霊舎には大中小の3サイズあります。





シンプルさ故に用途が広がりますので、御霊に限定しなくてもいいでしょう。







特上御霊舎(小)

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b8e6ceeebc.html







興味のある方は是非ご覧ください。



  1. 2013/04/20(土) 08:00:10|
  2. Omakase-Factory's Blog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ