fc2ブログ

おまかせ工房ブログ

おまかせ工房のブログ 神棚 御簾 い草上敷きの専門店です

おまかせ工房ブログ 神棚を祭るときに使うと見栄えがよくなる木箱入りの榊立て【一番よく使われている大きさ】

主に神道で使う機会の多い花台ですが、榊入れをそのまま置いておくのではなくて木箱に入れることが多いと思います。



祭壇などのときにはこれを使うことになりますが、神棚の時でも使います。



神棚の場合には左右に空間があるならばいいでしょう。



棚板上の空間作りには最適な花台になります。



一番使いやすい大きさの神棚・神道用花台



一番使いやすい大きさの神棚・神道用花台



神棚を祭る上で見栄えというものを気にするならば、是非、ご一考してみてください。



榊を神棚よりも少し手前に置くようにして、左右に飾ります。



多くの場合、榊立ては白色の瓶をそのまま置いておきますが、木材で覆った榊立てを使うこともありますね。





大きすぎず小さすぎず、神棚の大きさに合わせたものがいいんですが、良く出るサイズがこれ。





最近では榊のみの通販もあったりしますので、生榊を使うご家庭も増えてきています。



ただ、生榊は頻繁に取り替えることになるので、費用が結構かさんでしまうのが難点ですね。



造花でもいいので、花台に入れておくといいでしょう。



榊とシバを混同している人もいるようですが、丸で違うものです、見た目はよく似ていますが・・・・・。





今回紹介している花台は、棚板の左右に少し余裕があるときに使います。



棚板の上をぎゅうぎゅう詰めにしてしまうのはできる限り避けたほうがいいかもしれません。



少し見栄えを良くする神棚アイテムのご紹介でした。





一番使いやすい大きさの神棚・神道用花台

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b2d6c2e6.html





興味のある方は是非ご覧ください。



関連記事
スポンサーサイト



  1. 2012/07/22(日) 01:00:44|
  2. Omakase-Factory's Blog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<おまかせ工房ブログ 大人の仕事は一味違う 適材適所の梱包材で荷造り引越の効率化とロスカットを図る | ホーム | おまかせ工房ブログ 真面目なものを楽しみに変えてしまうと店舗運営が変わる【みんなが笑顔になるおみくじ】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://omakasefactory.blog.fc2.com/tb.php/1050-f3588f1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)