fc2ブログ

おまかせ工房ブログ

おまかせ工房のブログ 神棚 御簾 い草上敷きの専門店です

おまかせ工房ブログ 神鏡の置き方は地方や文化・風習がものをいうのかもしれない。

地方都市に伝わる地元の伝統演舞をみていたら神棚がテレビに映っていました。



仕事柄でしょうかどうしても目が留まるわけですが、そこに神鏡が2台。



その置き方が三社の神殿の末社の前に置いてある。



ん?こんな置き方があったのか、、、、と思ってしまいました。



【神具】神鏡



神鏡の置き方は多くの場合本社前に1台。



それか御札を入れてある扉前に1台。



三社のうち本社と末社の片側だけならその前というのが基本的なんですが、本社前には置かず末社前に2台置いてあるのは始めてみました。





元々は神棚の祭り方に原則はありません。



風習優先でしょうかね、なんとなく周りがしていることを真似てみて、それが時代と共に広まる。



だから道を隔てると祭り方が違うなんてことも多々あります。





特に川ですね、川を隔てると違うことがしばしばあります。



それだけ昔の人の行動半径は狭かったってことなんでしょうけれど、どっちが良いの悪いのって話はありません。



自身優先、思い優先っでよいのではないでしょうか。







【神具】神鏡

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfc0b6c0.html









興味のある方は是非ご覧ください。



関連記事
スポンサーサイト



  1. 2013/10/22(火) 09:00:46|
  2. Omakase-Factory's Blog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<おまかせ工房ブログ い草上敷のオーダーメイドで作る茣蓙は縁の種類も選べます。 | ホーム | おまかせ工房ブログ 台風一過後の塩害対策に便利な簡易ビニールハウスも作れる透明ラップ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://omakasefactory.blog.fc2.com/tb.php/1511-912e613b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)