fc2ブログ

おまかせ工房ブログ

おまかせ工房のブログ 神棚 御簾 い草上敷きの専門店です

おまかせ工房ブログ 高いところでは手が届かないのなら八足台を神棚の台にする

天井付近に取り付けるのが一般的になっている神棚ですが、そうしなければならないなんて話はありません。



右を向いても左を向いてもその傾向が高いだけですので、神棚の祭り方に決まりはない。



高いところに設置をすると一つ困ることがあります。



それが・・・・手が届かなくなるってこと。



神棚を置く台に最適な八足台・八脚案



神棚を置く台に最適な八足台・八脚案



60歳なんて現役世代みたいなもんです、65歳、、、まだまだ準現役、、元気元気。



70歳、、、まだまだ気力は現役。



でも体がついてこないことがちらほら出てくるはずですが・・・・どうでしょうか。



手を伸ばして交換するのが億劫になる、台の上に乗るのがちょっと怖くなる、まぁ人間なんでしょうがない。





昔から八足台、八脚案を神棚の台にする人達がいます。



地鎮祭など外で行う祭事の時が一番多いと思いますが、家庭でも使いますね。



床の間があればそこに移動することも多いです。





家庭で神棚を祭る場合に使う八足台は高さを150cmにするとバランスがよくなるので、天井付近だといずれ困るかもと思ったら作ってみるといいでしょう。



おまかせ工房では150cmを昔から推奨していて、経験的に一番しっくりくる。



神棚を置いて一番上の屋根付近が200cm弱になるので家庭でも問題ないでしょう。



あとは、その人の好みの高さで作くれますので、八足台は高さを選んでもらうことになります。



家庭で使うのであればスプルース製(北米産桧)で十分。





製作には10日~2週間ぐらいかかります。



わからない場合には店長に聞いてみてください。





一段、二段、三段とあります。







神棚を置く台に最適な八足台・八脚案

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bad7c3c5b5.html







興味のある方は是非ご覧ください。

関連記事
スポンサーサイト



  1. 2014/03/05(水) 09:00:30|
  2. Omakase-Factory's Blog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<おまかせ工房ブログ 半端物としては最後の一枚 お座敷すだれ | ホーム | おまかせ工房ブログ 神前すだれ、仏前すだれ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://omakasefactory.blog.fc2.com/tb.php/1633-5eaa9cbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)