fc2ブログ

おまかせ工房ブログ

おまかせ工房のブログ 神棚 御簾 い草上敷きの専門店です

おまかせ工房ブログ 景徳鎮 小鉢にしては縁が広い 灰皿にしては贅沢すぎる

日曜日恒例のほのぼのグッズのご紹介です、今回はラスト1点の景徳鎮の製品のご紹介。

小鉢に使うか灰皿として使うかは貴方次第という皿です。

個人的には小鉢ですかね、ちょっと品よく盛り付けるようなとき使う。

頭を柔らかくするといろいろな用途に見えてくるから不思議。

景徳鎮 小鉢にしては縁が広い 灰皿にしては贅沢すぎる

近年のレストランなどでは白い食器全盛で、好みが出ないというか個性を殺しているというか。

癖がない分、味気ないわけです、白ければ無難というスタイルの店が多い。

むしろ、白い食器の方が何も考えずに盛りつけられるから楽なんですね。


和食器の世界は実に深い、もう色がある、質感がある、当然、形も様々。

だから、食事で提供するときには合わせるのに経験が必要になってくる。

しかも、同じ食器ばかり使うわけにもいかない、それよりなにより器が高い。


料亭割烹の言われる店になると器の交換頻度も頻繁に行う、、、楽しませる工夫をするから安くは提供できません。

器のセンスが良いと、場所の居心地もいいですね、総じて良い店ってことになる、客層も良い。

それが家庭でできたらなぁ~と思っても、なかなかできません、思うだけならは容易いってことです。



景徳鎮 小鉢にしては縁が広い 灰皿にしては贅沢すぎる
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000293/



興味のある方は是非ご覧ください。
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2015/10/11(日) 09:50:05|
  2. Omakase-Factory's Blog