fc2ブログ

おまかせ工房ブログ

おまかせ工房のブログ 神棚 御簾 い草上敷きの専門店です

おまかせ工房ブログ 和室でも洋間でも合う・・・置いたり吊ったりして使う神棚ケース

御簾を付ける方が増えてきました神殿ケースを紹介してみようと思います。



神棚ごと覆いかぶせるように使うのが本来の目的ですが、もし、お札が大きすぎて神棚に入らない場合にはケースを神棚として見立てて使います。



その時には御簾があったほうがいいでしょう、目隠しにもなります。



取り付けに自信がない場合には近所の大工さんに依頼されることを薦めます、気持ちよく引き受けてくれると思いますよ。



神棚用ケース



ネジが二本あれば取り付けることができますが、おまかせ工房ではネジを付属していません。



これはネジをその場その場にあったものを選ばないといけないので、事前に入れてしまうとそれを使うものだと思ってしまうためです。





頂いていたお札が大きかった、大きなお札にしたい、神棚をできるだけ汚したくない・・・・などいろいろと使用目的がわかれます。



お札は必ずしも神殿に入れなければならないというものではありません。



神道では「しなければならない」というような半ば強制するようなものは何一つありませんね。



した方が良いけどしなくても良い、でも、できる事ならした方が良いのではないでしょうか?というものすごく日本的なあいまいなところがあります。





一般的には棚板を使う人の方が多いと思います。



箱型のお宮として使う場合には、やはり、汚れが気になるという場合が多いです。



ケースに入れておければホコリなど付きづらいので汚れ対策です。



箪笥の上に置いておきたい場合にも箱型だと違和感がありません。





現代風かもしれませんが、昔からあるスタイルです。





神殿ケース・・・・お宮を入れても良し、大きなお札を入れても良し。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06105596217918.html





興味のある方は是非ご覧ください。





関連記事
スポンサーサイト



  1. 2011/09/09(金) 08:26:17|
  2. Omakase-Factory's Blog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<おまかせ工房ブログ 今宵の酒をより旨くする日本酒通にはたまらない金箔の杯 | ホーム | おまかせ工房ブログ 手の込んだ手作りだからこそ人目にあたるところで使いたい【七宝焼き花瓶】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://omakasefactory.blog.fc2.com/tb.php/596-f65a0e9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)