fc2ブログ

おまかせ工房ブログ

おまかせ工房のブログ 神棚 御簾 い草上敷きの専門店です

おまかせ工房ブログ 茶壺に追われてとっぴんしゃんとは言うものの待ちの姿勢で楽しむのが中国茶器

日曜の夜、冬の夜長?の店長ブログでも書いてみたいと思います、夜の更新は珍しいです。



事務所にいましたら人が見えられましてお茶を出してみたんですが、日本茶ではなく中国茶。



っで、烏龍茶とプーアル茶があったので二つを混ぜてみたら結構美味しくて、普通に飲むのは中止して中国茶器で飲みましょうという話になったんです。



中国茶器の飲み方を知らなかったようで、興味津々あれこれと聞かれましたが、最後に一言「もっと早く出せないのか?」と。



中国茶器



いや、中国茶器で飲む中国茶は慌ててはいけないんですが、やはりポン♪と作ってポン♪と出てくるのに慣れてしまうと面倒です。



作る方は面倒で、待つ方はじれったくてと短気の人はしないほうが良いと思います。



でも、旨いんですよね、お茶が。



ただそれだけのことなんですが・・・・。





店長が使っている茶壺は年期が入っていて色も相当黒ずんできて、さらに乾いていても少しお茶の香りがします。



使ってくればみんなそうなります。



茶壺に限らず茶杯もそうなる、何もかも香り立ってきますが、時間がかかる。





でも茶壺って一体いつごろからあるんでしょうかね。



日本の童謡でもありましたっけ「ずいずいずっころばし」の中に・・・・・。



----------------------

ずいずいずっころばし ごまみそずい



茶壺に追われて とっぴんしゃん



抜けたら、どんどこしょ

----------------------



よくよく聞くと何を言いたんだがわかりませんが、テンポが良いから覚えてしまう。







中国茶器・・・茶壺

https://item.rakuten.co.jp/omakase/384480/





興味のある方は是非ご覧ください。



関連記事
スポンサーサイト



  1. 2012/02/05(日) 22:15:48|
  2. Omakase-Factory's Blog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<おまかせ工房ブログ 青磁の淡青と紹興酒の飴色が食欲をそそぎ食べ過ぎ飲み過ぎには要注意 | ホーム | おまかせ工房ブログ 【創作神具】前を通るとお札が見え隠れする一見神棚には見えないお札入れ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://omakasefactory.blog.fc2.com/tb.php/822-0d506176
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)