fc2ブログ

おまかせ工房ブログ

おまかせ工房のブログ 神棚 御簾 い草上敷きの専門店です

おまかせ工房ブログ 技を磨き腕を振るう書家ならではの道具の一つ「水差し」【道具では負けたくない】

趣味の時間の店長ブログです。



専門的な商品ではなく、娯楽や余暇を楽しむものを紹介してみたいと思います。



っで、今回は「水差し」のご紹介。



人のまず持っていないだろうと思うようなものだと思いますが、小技を効かせたニクいやつです。



水差し



習字をする人、水墨画を描く時、ちょっとだけ水を入れればいい時につかうものを「水差し」と言います。



大きくなって植木に水をやるものは如雨露(ジョウロ)などなどと言いますね。



こんなあってもなくても困らないようなところに、少し拘ってみたのがこれ。





一体こんなものどこで買ってきたんだ?と思われるようなものがネット通販では手に入るので面白いです。



大量販売の量販店ではまずお目にかかることはないもの。



みんなが持っているようなありきたりのモノはなんだか嫌なんだ、という方々も多いはず。





使い道は・・・・水差しぐらいしか方法がないように思いますが・・・・。





こういうモノはモノとして見るのではなくて、道具としてみます。



先生と呼ばれるような立場の人は、門下生と同じものを使っていたのでは満足しません、いや、不満足です。



一本の筆でウン万円、硯石だけで30分は語れる、和紙一枚とってみてもともなじゃないが失敗できる金額じゃない、、、、と逸話は尽きません。





ただ、道具にこだわると上達してきます。



いろいろな分野で同じことが言えるのではないでしょうかね。





大きさは手のひらサイズ、大福ぐらいの大きさです。





水差し・・・・習字の時や水滴が必要な時に使うものです。

https://item.rakuten.co.jp/omakase/china_water_003/





興味のある方は是非ご覧ください。



関連記事
スポンサーサイト



  1. 2012/05/25(金) 08:30:38|
  2. Omakase-Factory's Blog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<おまかせ工房ブログ シャッキ♪とピシッ♪とサッパリ♪とリズムを感じる男向けの麻暖簾 | ホーム | おまかせ工房ブログ 節目の時には家の玄関に掛けて暖簾としても使える紫生地の神前幕【無地・巴・稲荷】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://omakasefactory.blog.fc2.com/tb.php/980-ba897adb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)